フィルムカメラを売ることにした

今までデジタルカメラには一切興味がなく
古いフィルムカメラを中心に購入してきましたが
ちょっとワケあってすべて売ることになりました。

カメラに使ったお金は軽く100万は超えてるはずです。

ニコン、ライカ、ローライを中心に購入してきましたが
全部で30機種ほどあります。

なかには貴重だと思われる機種も混ざっており
できるだけ条件の良いお店へ売りたいと考えています。

フィルムカメラを個人売買するとクレームのリスクがある

フィルムカメラということで基本的に古いカメラになります。
相当厳重に保管していたカメラは別ですが、大抵のフィルムカメラには経年劣化が見られるはずです。

単に古いだけと違い、カビやチリなどが発生していると撮影に影響がでることもありますし、劣化に関してはあくまでカメラを手にした人の主観なので、自分ではたいした劣化でないと判断しても、次に手にする人がどのような判断をするかわかりません。

 

売り手と買い手での意識ギャップ

売り手は少しでもた高く売りたいと考えますし、買い手は逆で安く買いたいです。
フィルムカメラの経年劣化の判断も、売り手としては撮影に影響ないレベルのカビ・チリ・ホコリだと考えても、買い手としては「それはジャンク品のカメラ」と判断することもあり、両者の認識にズレが生じることあります。

だから、フィルムカメラの個人売買は注意が必要になってきます。

個人売買で高く売れるはずだったのに、余計な手間だけかかっただけで結果として返品されてしまい、むしろ送料分など負担するハメになってしまうなんてことも起こりえます。

 

フィルムカメラの買取価格について

フィルムカメラの買取価格はお店によってマチマチです。

中古の古いカメラ専門に扱う店だとそれなりにイイ値段で引き取ってくれることもありますが
こればかりは実際に持っていってみないとわからない部分があり、
さすがに30台以上のカメラを持ち込みするのは面倒です。

 

自宅まで出張してもらって売る手段もある

カメラがそれなりに台数多いなら、自宅まで査定に来てもらい売るという方法もあります。
出張買取を依頼するということです。

 

フィルムカメラの出張買取してくれるお店を探して査定依頼することになりますが
お店選びを間違えちゃうとかなり安く売ることになりかねません。

 

というのも、出張買取というのは売り手としては楽なんですが
買取する側は出張する手間と時間がかかるため、買取価格が安くなりがちです。

 

出張料は無料となってる店がほとんどですが、実際には買取価格で調整されており
カメラの台数が少ないとその分をカバーできないため、出張買取自体を断られてしまいます。

つまり、台数がそれなりに多く、価値あるカメラじゃないと出張買取を選ぶことはできないということです。

さらに、出張買取だと自宅まで査定に来てもらってる手前、金額に不満があっても断りづらいという一面があります。

このことを考慮して出張査定を依頼しなくてはなりません。

 

フィルムカメラの出張買取に強い店を探す

 

デジタルカメラであれば台数あれば出張買取してくれる店は多くありますが
フィルムカメラだと積極的にやってる店は少ない印象受けます。

 

フィルムカメラを出張買取してくれるであろう店としては
中古カメラ専門店、骨董品などを扱う中古買取店、リサイクルショップなどがあります。

 

最近はリサイクルショップが増えているため
駅チカなどに必ずといっていいほど、中古買取店があります。

 

家から近いお店なら比較的出張買取に応じてくれますが、
フィルムカメラだと不可のケースがあったり、出張OKだとしても金額が相当不利なこともあるため、近所という理由だけで選ぶのは避けたほうが良さそうです。

 

狙いとしては、中古カメラを専門に扱うところです。
ただし、自宅からさほど離れてない店を狙うのがポイントです。

 

フィルムカメラのなかでも価値ある機種を5台くらいピックアップし
電話で出張してもらった場合の買取金額を調査してみるのが良いでしょう。

 

2~3店で同じ作業をすれば、あなたが選ぶべきフィルムカメラの出張買取に強い店を見つけ出すことができます。是非実践してみてください。

近くに良い店がなければ宅配買取で売ろう

家の近くに目ぼしいフィルムカメラの買取店が見つからないときは、宅配を使って売るのが良いでしょう。

宅配買取のメリットは、日本中どこからでも同じ条件で売れることです。

たとえ家の近くに中古カメラ店がなくても、宅配業者を使って送るため問題ありません。

宅配買取の手順

1.フィルムカメラをリストアップ
売却予定のカメラや関連商品をリストアップしておきましょう。

 

2.査定してもらう
リストアップしたフィルムカメラを仮査定してもらいます。
オンライン査定が可能なので、メールで機種を伝えればすぐに返事がもらえます。

 

3.梱包して送る
カメラは精密機械なので、きちんと梱包しましょう!適当に段ボールへ詰めただけだと壊れる可能性あるため、空きスペースあれば新聞紙などを詰めてクッション材として利用するなどし、厳重に梱包しなくちゃダメです。

送る際の送料は無料なので費用はかかりません。

 

じゃあ、宅配買取を使うデメリットって何!?

宅配買取なら送料無料だと全国どこからでも同じ条件で売れるなら、迷わず宅配が良いと思うかもしれませんが、デメリットもあります。

宅配買取を使った場合のデメリット
現金化まで日数がかかる
梱包するのが意外と面倒
送ってみないと買取金額が不明

なので、現金化を急ぐ人には向いてません

また、今までにカメラを扱ったことが無い人(自分が使ってたカメラじゃないのを売るケース)だと、カメラの機種を全部調べなくちゃなりません。これが意外と手間になります。

 

さらに、メールなどで事前に査定してもらってから送ることになりますが、その査定は仮の金額となっているため、実際の買取金額がわかるのはカメラを送ってからとなります。

だから、買取金額が不明なまま送ることになってしまいます。